Latest Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コミックマーケット88に参加して来ました

コミケ88にひっそりと参加してきました〜!

今回は新譜が用意できなかったので旧譜のみでの参加でしたが...
生まれて初めてのコミケ参加!でした!
M3は昨年秋から出展していましたが、コミケは初。
(立って安全を守っている方の)仕事で何度か参加したことがあったのですが、出展は初めてです。

今回は何の告知も新譜もなくそっと参加した感じでしたが、たくさんの皆さんにブースにお越しいただいて本当にありがとうございます!!ヾ(*^。^*)ノ

今回の戦利品!!

コミケ88その2

コミケ88その1

帰って聴たり読んだりさせていただきましたが、どの作品も素敵です!
たくさんのサークル参加者、そしていただいた作品、いろんなものから新たに刺激を受けさせていただきました。

そして、新譜を求めてお越し下さった方、ありがとうございます。
今回は用意できず残念です...
でも次回!是非!!


おとといは神奈川県の「青少年のための芝居塾2015」を観に行って、そちらも多いに刺激を受けました。
ミュージカルだったんですが、非の打ち所のない青春群像劇、集団演技、素晴らしい楽曲と歌。
コミケも芝居塾も、作る人たちの思いのこもった作品が世の中にはたくさんある、と。
改めて感じた週末となりました。

そんで、これからまたやりたいことも色々でてきたんで...
がんばろ〜!!!

G-flatMusicLab〜楽曲制作承ります〜

おはようございます!
今日は[2015M3春]です!!
その出展に合わせて、楽曲制作依頼サイトを立ち上げました!!

G-flatMusicLab

音楽は常に物語とともにある、というのが僕の基本理念です。

例えば
・幼い頃聞いたヒーローもののテーマ曲
・学生の頃ハマったアニメ曲
・友達との間で流行ったドラマ曲
・受験勉強をしながらずっと聴いていた曲
・別れた恋人と一緒に聴いていたあの曲...

ある曲を聴いて、ぶわぁぁぁぁぁぁ〜と当時の気持ちが高波のように思い返されることはありませんか?

音楽は、それ単体ではあくまで「一作品」です。
そこに、その音楽にまつわる物語がある時、
僕たちの人生になくてはならない一曲になります。
昨日食べた晩ご飯が何だったか忘れても、思い出の曲は忘れることができません。

演劇の公演、ゲーム、アニメ、ラジオの制作、会社やサークルの立ち上げ...
そこには必ず何ものにも代え難いストーリーが存在します。

その背景に、他のどこにもない、その「物語」のためだけに作られた音楽がそっと流れていたら...
ちょっと、素敵じゃありませんか?

興味のある方は是非一度のぞいてみてください...!!


--------------------以下、ぶっちゃけ--------------------

曲を作らせてください!!
是非!!

特に、僕自身過去に芝居の経験がありまして、
先日幻想劇団アゲハのミュージカル楽曲を制作させていただいたのですが...

これがまたとても楽しかったわけです...
主宰の御伽とみこさんから歌詞をいただいて音楽を付けて、
制作を開始して度重なる打ち合わせを行いあーでもないこーでもない的な感じで期間内トータル300回以上のやり取りを行って完成に至りました。
(今回はさすがにボーカル楽曲を多く含む全曲だったので異例の多さではありますが。)

主宰レーベルで物語音楽を作っていたり、自主制作映画のBGMを作ったりしていたこともあり、物語+音楽はやっぱり鉄板だと思うのです。

上の方では「あなたの物語に音楽を」的なことを言っていますが、
誰かに曲を作ることはまさに僕の物語でもあるわけで...

正直、音楽は僕らの心を豊かにしますが、永遠に歌い継がれていく音楽はごく限られています。
今僕が大好きな音楽も、僕が作った音楽も、100年経ったら多分誰も知りません。

それでも!
いや、だからこそ!!
今、作る必要があると思っています。

「ダイの大冒険」が大好きなんですけど、
ポップ(知らない人のために説明をすると冒険開始当初ヘタレキャラだった緑色の魔法使いでよく鼻水などが出ている)が
最後の戦いでこう言うのです。

「一瞬…!!
 だけど…閃光のように!!!
 まぶしく燃えて生き抜いてやる!!!
 それがおれたち人間の生き方だっ!!!
 よっく目に刻んどけよっ!!!このバッカヤロ~~~~ッ!!!!」

いやぁかっこいいですねぇ〜。

限りある人生だから、作れるものをとにかく作りたい。
夜空に高く高く上がって、大音量を轟かせて花開き...次第に消えてなくなり、残るのは静寂...
そんな花火でも、いいじゃないですか?

一緒に何か、作らせてください!
ここにしかない、僕らにしかできないことを、やりましょう!!


...と、いう気持ちで立ち上げました。
ちょっと暑苦しくなっちゃった。
猫が寝込んだ。
フゥ涼しくなってきた。

というわけで、今後ともG-flatRecordsおよびG-flatMusicLabをよろしくお願いします!!

幻想劇団アゲハ旗揚げ公演「うたかたの揺り籠~いつか還る場所~」の感想

2015年3月20日〜22日に行われた、
幻想劇団アゲハ旗揚げ公演「うたかたの揺り籠~いつか還る場所~」で楽曲制作をさせていただきました。
ミュージカル公演ということで、全曲歌入りだったのですが、とてもやりがいのある面白い楽曲制作になりました。

公演終了後、劇団アゲハのブログの方に公演を通しての感想を書かせていただきました。
せっかくですので劇団の許可をいただいて転載させていただきます。

幻想劇団アゲハ ブログ

---------------------------------------------------
こんにちは、今回
「うたかたの揺り籠~いつか還る場所~」で
楽曲を担当させていただきました、Shur(しゅう)と申します。

まずは、この芝居をご覧いただいた皆さん、会場に足をお運びいただきありがとうございました。
幸い雨が振ることもなく、事故もなく
無事に全日程を終えられたこと、
そしてご覧いただいたお客様には
おおむねご好評いただいていることに、深く感謝致します。

さて今回は楽曲担当者視点から
少し振り返ります...

昨年の夏くらいに脚本/主宰の
とみこさんにお話をいただいて、
それからあっという間に
終わってしまいました(´∀`)
時が経つのは早いですね~。

とみこさんから台本を渡され、
文章の中の「♪」が付いているところ…
ああ、ここが歌だな、と把握して
メロディを当てはめて行きましたが...
今回ミュージカル曲を作成するに当たり
気をつけたことは下記の点です。

・歌詞も物語を理解するための重要な要素。
 歌詞も一部でも聞き取れないとその後の話の展開が分からなくなってしまうおそれがあるため、とにかく歌詞を聞き取れる譜割にする(最重要)
・脚本は脚本、楽曲は楽曲で100%のものを出したい。
 脚本のとみこさんがメロディのせいで言いたいことが言えなかった、
ということがないように絶対
「メロディが割り当てられないので
歌詞を変えて下さい」と言わない
・本番は一発勝負、録り直しのできる録音モノではないので、ボーカル的に普段出ない音域にチャレンジしてもらうのは危険。
 各役者さんの音域表をもらっていたので、転調を繰り返してでも無理なく収まる音域でメロディを作成。
・同じ曲を基に数曲のバージョンを作って何度か使用するため、飽きないように同じ楽曲内では意図的でない限り同じ展開(セクションからセクションの繋がりなど)を3回以上繰り返さない

当たり前っちゃあ当たり前のことばかりですが、これを徹底して守る理由があります。

曲作る人は基本的に陰の存在で、
多分お客さんの9割5分は
この曲を誰が作ったか、気にしません。
例えばCMの曲、ドラマの曲、
映画の曲、聞いていていい曲だな、
と思っても誰が作ったのか
なんてことは興味がある人でなければ
ほぼ気にしません。

そのため、実際に歌う人、
楽器担当がいれば演奏する人が、
良いも悪いも背負うことになります。
不完全な曲を作って
「歌、イマイチでしたね」
「何歌ってるか分からなかった」
「つまらない」
と言われたら曲作った人の責任です。
・・・でも、
それを背負うのはフロントの役者さん。
そんなことになるのは避けたい。
逆に、ボーカルがオイシ~イメロディや展開を曲自体で演出できれば、
「歌がよかった」は
同時に曲自体への評価にもなります。

そのため、
「~~~の理由で歌いづらかった」
は1個もないようにして、
役者さんが全力込めて歌えるもの
を作る必要がありました。


そんな感じで作った曲ですが、
でも実際に歌ったのを聴いてみるまでは
どうなるか正直心配でした。
しかし本番の1ヶ月前くらいですか、
初めて使用人達による生コーラスを聴いて、「あ、イケる」と思いました。

本番を見て下さった方は
感じていただけたと思いますが、
使用人達のコーラスも、
各ソロボーカル曲も、とても聴き応えのあるものになっていました。
これはひとえに、役者の皆さんが、
誰も歌ったことがない歌に対して
恐れず挑んで自分のものにしてくれたからに他なりません。


次があれば、
おそらくもっとクオリティは上がり、
より面白いものになると思います。
何より、今回一緒にやったメンバーと
また芝居がしたいし、
お客様には次、どうなるのかまた
見にきていただきたい!!
…と、強く思っています。

また、お会いしましょうヽ(*´∀`)(´∀`*)ノ


追記…
最後になりましたが簡単に自己紹介を...
インディーズレーベル
G-flatRecordsの主宰
として活動しています。
物語音楽CDとフルートインストCD頒布
が現在のメインの活動です。

http://g-flat.com/

今回の「うたかたの揺り籠」使用曲を、フルーティストのぴえーるが演奏した音源がコチラ!
↓カッコいいんで是非聴いてみて下さい!!

『紅き双輪の華』
https://www.youtube.com/watch?v=N1NcDaAEQ_M

『いつか夢見た楽園』
https://www.youtube.com/watch?v=ecLS44zQxD0

では!!!
ドロン!!!

---------------------------------------------------

【M3 2015春】第一展示場 H-03a,b G-flatRecords 出展します!

【M3 2015春】出展します!
2015年4月26日(日)/東京流通センター
11:00〜15:30
第一展示場 H-03a,b
G-flat Records

頒布予定
◯SonoRakontio『目覚めれば夢の中』
◯ぴえーる『風と笛、啼く処』
◯無料配布CD ぴえーる『うたかたの揺り籠』

-------------------
2015年も!
もう春ですね!!

しかし、雨が多くて参っています。
梅雨じゃないかと思うくらいザバザバ降りますね。
皆様雨に濡れて風邪など引かないようお気をつけて...

M3春もいよいよ近づいて参りました!
前回2014年M3秋に参加してからもう半年。
残念ながら新譜は用意できませんでしたが、代わりにぴえーるさんの新曲を一部無料で配布しちゃいます!!
そのうちの1曲がこちら↓

  「いつか夢見た楽園」
  http://bit.ly/1PL64pW

先日北池袋駅のメロンパンの名店「アルテリア・ベーカリー」向かいの新生館シアターで行われた
幻想劇団アゲハミュージカル公演「うたかたの揺り籠〜いつか還る場所〜のために制作した楽曲を、
ぴえーるのフルートバージョンでお送りしております!

この曲は5パートのフルートのハーモニーをお楽しみいただけます!
是非聴いてみて下さい!!

「YouTubeに上がってるやつと同じの入れたCDだったらいりません」ということになるかとは思いますが、
もちろんまだ公開していない曲も入っていますので!
是非!!
来て!!
よろ!!
では!!
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。