Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

幻想劇団アゲハ旗揚げ公演「うたかたの揺り籠~いつか還る場所~」の感想

2015年3月20日〜22日に行われた、
幻想劇団アゲハ旗揚げ公演「うたかたの揺り籠~いつか還る場所~」で楽曲制作をさせていただきました。
ミュージカル公演ということで、全曲歌入りだったのですが、とてもやりがいのある面白い楽曲制作になりました。

公演終了後、劇団アゲハのブログの方に公演を通しての感想を書かせていただきました。
せっかくですので劇団の許可をいただいて転載させていただきます。

幻想劇団アゲハ ブログ

---------------------------------------------------
こんにちは、今回
「うたかたの揺り籠~いつか還る場所~」で
楽曲を担当させていただきました、Shur(しゅう)と申します。

まずは、この芝居をご覧いただいた皆さん、会場に足をお運びいただきありがとうございました。
幸い雨が振ることもなく、事故もなく
無事に全日程を終えられたこと、
そしてご覧いただいたお客様には
おおむねご好評いただいていることに、深く感謝致します。

さて今回は楽曲担当者視点から
少し振り返ります...

昨年の夏くらいに脚本/主宰の
とみこさんにお話をいただいて、
それからあっという間に
終わってしまいました(´∀`)
時が経つのは早いですね~。

とみこさんから台本を渡され、
文章の中の「♪」が付いているところ…
ああ、ここが歌だな、と把握して
メロディを当てはめて行きましたが...
今回ミュージカル曲を作成するに当たり
気をつけたことは下記の点です。

・歌詞も物語を理解するための重要な要素。
 歌詞も一部でも聞き取れないとその後の話の展開が分からなくなってしまうおそれがあるため、とにかく歌詞を聞き取れる譜割にする(最重要)
・脚本は脚本、楽曲は楽曲で100%のものを出したい。
 脚本のとみこさんがメロディのせいで言いたいことが言えなかった、
ということがないように絶対
「メロディが割り当てられないので
歌詞を変えて下さい」と言わない
・本番は一発勝負、録り直しのできる録音モノではないので、ボーカル的に普段出ない音域にチャレンジしてもらうのは危険。
 各役者さんの音域表をもらっていたので、転調を繰り返してでも無理なく収まる音域でメロディを作成。
・同じ曲を基に数曲のバージョンを作って何度か使用するため、飽きないように同じ楽曲内では意図的でない限り同じ展開(セクションからセクションの繋がりなど)を3回以上繰り返さない

当たり前っちゃあ当たり前のことばかりですが、これを徹底して守る理由があります。

曲作る人は基本的に陰の存在で、
多分お客さんの9割5分は
この曲を誰が作ったか、気にしません。
例えばCMの曲、ドラマの曲、
映画の曲、聞いていていい曲だな、
と思っても誰が作ったのか
なんてことは興味がある人でなければ
ほぼ気にしません。

そのため、実際に歌う人、
楽器担当がいれば演奏する人が、
良いも悪いも背負うことになります。
不完全な曲を作って
「歌、イマイチでしたね」
「何歌ってるか分からなかった」
「つまらない」
と言われたら曲作った人の責任です。
・・・でも、
それを背負うのはフロントの役者さん。
そんなことになるのは避けたい。
逆に、ボーカルがオイシ~イメロディや展開を曲自体で演出できれば、
「歌がよかった」は
同時に曲自体への評価にもなります。

そのため、
「~~~の理由で歌いづらかった」
は1個もないようにして、
役者さんが全力込めて歌えるもの
を作る必要がありました。


そんな感じで作った曲ですが、
でも実際に歌ったのを聴いてみるまでは
どうなるか正直心配でした。
しかし本番の1ヶ月前くらいですか、
初めて使用人達による生コーラスを聴いて、「あ、イケる」と思いました。

本番を見て下さった方は
感じていただけたと思いますが、
使用人達のコーラスも、
各ソロボーカル曲も、とても聴き応えのあるものになっていました。
これはひとえに、役者の皆さんが、
誰も歌ったことがない歌に対して
恐れず挑んで自分のものにしてくれたからに他なりません。


次があれば、
おそらくもっとクオリティは上がり、
より面白いものになると思います。
何より、今回一緒にやったメンバーと
また芝居がしたいし、
お客様には次、どうなるのかまた
見にきていただきたい!!
…と、強く思っています。

また、お会いしましょうヽ(*´∀`)(´∀`*)ノ


追記…
最後になりましたが簡単に自己紹介を...
インディーズレーベル
G-flatRecordsの主宰
として活動しています。
物語音楽CDとフルートインストCD頒布
が現在のメインの活動です。

http://g-flat.com/

今回の「うたかたの揺り籠」使用曲を、フルーティストのぴえーるが演奏した音源がコチラ!
↓カッコいいんで是非聴いてみて下さい!!

『紅き双輪の華』
https://www.youtube.com/watch?v=N1NcDaAEQ_M

『いつか夢見た楽園』
https://www.youtube.com/watch?v=ecLS44zQxD0

では!!!
ドロン!!!

---------------------------------------------------
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

コメントの投稿
管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。